下肢静脈瘤の治療

投薬をしない保存的治療

足の血管が浮き出るなら、病院で治療することが最適です。病院で行われている保存的治療は症状を和らげたり、悪化するのを防いだりする治療方法です。主に生活習慣の見直しをする、弾性のストッキングを着用をするなどの治療を行います。しかし、この治療方法はあくまでも、下肢静脈瘤の悪化を阻止するための一時的な療法なので、根本的な解決は望めません。

血液を固める硬化療法

硬化療法は下肢静脈瘤の患部に硬化剤を投薬して、血液を固める治療方法です。血液を固めることによって、下肢静脈瘤の患部に溜まっている血液を消滅させることができます。具体的には、硬化剤で硬くなった血液は約半年かけて身体の一部に吸収されます。また、この治療方法のメリットとしては治療の時間が約10分程で終わるのも嬉しい点でしょう。

手っ取り早い手術

下肢静脈瘤の治療で効果が高いのが手術です。下肢静脈瘤の手術は主に二つの手術方法があり、一つ目がストリッピング手術になります。手術は膝の内側と足の付け根の部分を切開してワイヤーを静脈に入れて、静脈の血を引き抜いく方法で治療を行います。もう一つは高位結紮術という手術方法で足の付け根の血管を縛ることによって、血液の逆流を防ぎます。この方法は医療が発展する前から、使われていましたが、最近では医療も進化しているため、施術数がかなり少なくなっています。

広告募集中