下肢静脈瘤の危険性

下肢静脈瘤について

足の血管が浮き出ることがあれば、注意しておく必要があります。もしかしたら、加齢だけが原因ではなく病気の可能性があります。特に足の静脈に不自然なこぶができるのは下肢静脈瘤という病気の可能性が極めて高いです。この下肢静脈瘤は世界中に認知が低い病気ですが、重度になると皮膚が変色していくので危険な病気です。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤は初期段階で起こるのは足がつりやすい、足が重くなる、むくみが酷いなど軽度な症状で済みます。また、足の血管が浮き出る病気なので見た目的には網目やクモの巣のような形をした血管が皮膚の表面に現れます。この足の血管の見た目に悩んでいて病院に訪れる患者も多いのです。

発症しても命の危険性はない

下肢静脈瘤が発症したからといって、命が危険になることは限りなく少ない可能性なので安心しましょう。しかし、下肢静脈瘤は人間の自然治癒では治すことができないケースが多いです。しかも、そのまま放置しておくと見る見るうちに状態が悪化していきます。そして、最終的には患部の炎症が潰瘍になる場合もあります。

すぐに病院にいく

結論から言いますと、下肢静脈瘤は病院で治療することが治すための最適な方法です。特に軽度の状態は比較的に治療をスムーズに行うことができるので、完治まで時間がかかりません。ですから、症状を悪化させないためにも病院で治療を行うといいでしょう。下肢静脈瘤の治療には血管外科や心臓血管外科で対応してくれます。また、症状の度合いによっても他の医療機関でも治療ができることがあります。

下肢静脈瘤の疑問について

下肢静脈瘤はそもそも何が原因?

下肢静脈瘤を引き起こすきっかけは様々あり、その中でも下肢の筋力の低下と逆流防止弁が働かないことで起こるケースが多いです。また、遺伝によって下肢静脈瘤が引き起こることもあります。家族に下肢静脈瘤の方がいる場合は気を付けましょう。

妊娠や出産も原因?

女性の中には、妊娠や出産が下肢静脈瘤を引き起こす要因になりえます。特に妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく、静脈が弱くなりやすいため、いきなり弁が壊れることがあります。また、赤ちゃんの成長によって、下肢の負担が大きいのも理由の一つ。

日々のマッサージで予防ができる?

下肢のマッサージは下肢静脈瘤の予防に効果が高いです。それは足を揉むことで、足の血行を良くすることができるからです。また、予防を効果的に行いたいのなら、足首からふくらはぎに向けて、軽くマッサージを行うことがいいでしょう。

長い時間立たない方がいい?

下肢静脈瘤は足の負担をかければかける程、発症のリスクが高くなります。つまり、長時間立っていることは下肢静脈瘤になりやすいということです。しかし、仕事で立ち仕事の場合は特殊なストッキングなどを履き、足の負担を和らげるといいでしょう。

食事でも予防ができる?

食生活によっても、下肢静脈瘤は予防できます。食物の中には血行を促進するものもあれば、足の痛みやむくみを軽減することができるものもあります。逆に、塩分や脂質の摂り過ぎは下肢静脈瘤を進行させてしまうので控えるようにするといいです。

【PR】
聴神経腫瘍の手術
先生が丁寧に解説!

<PR>
脳ドックは京都のクリニックがおすすめ
多くの人が利用してるワケを徹底解説!

免疫細胞治療でがんを撃退!
身体に負担のない治療法に注目☆

症状の段階を分類してみよう

まるでクモの巣のような血管

足にクモの巣のような細い血管が見えるなら、下肢静脈瘤で間違いありません。しかし、クモの巣程度の細い血管の膨らみなら、まだ初期段階なので安心しましょう。対策として足のマッサージなどを行うことで血行を改善できます。

デスクワークのせいか足がだるい

一概に下肢静脈瘤とは決めつけることはできませんが、可能性はあります。ですが、足がだるい程度なら自身でも解決することができる程度の初期段階です。一日中の仕事で足を酷使するなら加圧式ストッキングなどを履いてみるといいでしょう。

網目の形をした血管

クモの巣のような血管を放置していると網目の形をした血管になっていきます。太さは直径で約2,3ミリぐらいで色も青紫色のような色に変わってきます。また、足の痛みやむくみを感じるのなら中度な段階なので注意しましょう。

血管が約4ミリから8ミリ

いよいよ、血管の太さがこの段階に来たら危険信号です。足静脈のポンプ機能が破壊されて、血流がおかしくなります。結果、どんどん足の静脈部分に血液が溜まっていき、毛細血管が破裂して内出血します。すぐに病院に行きましょう。

最終的に8ミリより太く

足に様々な症状が現れ、生活に支障がでるのが下肢静脈瘤の重度の症状です。こうなってしまうと足に栄養も届かず、皮膚が変色や湿疹などを引き起こしてしまいます。また、下肢静脈瘤と併発してうっ血性皮膚炎になることもあります。

広告募集中